GoHome Concordia

>>prev >>return >>next

ギター・マンドリン合奏のための「セレナーデ」

(1982)
川島 博 作曲
Hiroshi Kawashima (1933. 3. 22 Ashikaga -)

 作者は1933年栃木県足利市に生まれ、東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。桐朋音楽大学オーケストラ研究生指揮科修了。作曲を長谷川良夫氏に師事。愛知教育大学教授、名古屋音楽大学教授を歴任。現在、愛知教育大学名誉教授、日本教育音楽協会愛知県支部長、東海北陸理事。作品にオペラ「琵琶白菊物語」、立原道造の詩による混声合唱曲集1「いつまでもいつまでも」、同2「優しき歌」(音楽の友社出版)、オーケストラと混声合唱による「土に生まれて」、女声合唱曲「いろはうた」、ピアノ協奏曲、ピアノとオーケストラのための「里神楽」、その他合唱曲、歌曲、校歌等多数。平成5年度栃木県足利市市民文化賞受賞、「栃木県県民の歌」作曲第1位入選。平成15年度愛知県芸術文化選奨文化賞受賞。現在は、地元合唱団の指導指揮、NHK全国学校音楽コンクール(愛知県、東海北陸ブロック)の審査員等、合唱を中心に活躍。

 愛知教育大学ギターマンドリンクラブの顧問であった1970年代初頭より、当時のクラブの委嘱により、多数のマンドリン合奏作品を発表し、当団で作品を取り上げている帰山氏や熊谷氏とともに、邦人マンドリン楽界の旗手として大きな足跡を残した。

 本曲は1982年に作曲され、全国学生マンドリン連盟愛知教育大学ブロックにおいて初演された。本曲には弦楽合奏版(名古屋音楽大学作曲科教員演奏会に於いて黒岩英臣氏の指揮、名古屋パストラーレ合奏団の演奏により初演)も存在するが、ギター・マンドリン合奏版はサウンドの瑞々しさとエネルギーの面でさらなる魅力に溢れており、演奏するものをも没頭に引き込む力をもっている。もともとセレナーデとは小夜曲と和訳され、恋人や女性に求愛する音楽として、夕方の演奏会で演奏される小曲を指すが、本曲における表現はそこからやや意を異にしているように思われる。

 本日の演奏会の第2部ではミラネージの「主題と変奏」と本曲の対比にも注目されたい。マンドリン族楽器の無伴奏ユニゾンに始まった主題が対位法的に響きを増やしていく―このように表現すれば同一の要素に始まる2曲がいかに異なる世界を描き出しているか。指揮者はこれを日本のエスプリとイタリアのエスプリと表現する。ミラネージの音楽が感情を含みつつも知性による抑制とコントロールを外さないのに対し、本曲はまるで抑制することを許さず音楽の力でその場にいる者の感情を引きずり出してしまうかのようである。

 曲の構成は大きくは三部形式による。冒頭は上述のようにマンドリンからマンドロンチェロまでのパートが無伴奏でユニゾンを奏するところから始まる。この第1の主題はenergicoと指示のあるように魂の叫びのような力強さに満ちており、それが反行を含む模倣や掛留音を含む半音階進行といった対旋律によってより一層のエネルギーを獲得する。一方中間部に現れる第2の主題はギター伴奏の上に静かに始まるものである。この主題は第1の主題とは対照的につぶやくように始まるが、時に雄弁に、また時に諦観に似た表情を見せつつも再び立ち上がるように歌い、再び第1の主題にエネルギーを注ぎ込む。これら2つの主題は様々に変容しながら曲を形作るが、本曲にはそれに留まらず多くのエピソードがつまっており、しかもそれが作者独自の脇役の無い音楽世界の中で魅力を放っている。

参考文献:
 新訂音楽家人名事典(日外アソシエーツ)

第37回定期演奏会より/解説:kiyota/Yon