GoHome Concordia

>>prev >>return >>next

組曲「田園にて」

In Campagna, Suite in quattro tempi,Op.56(1928)
ジュリオ・デ=ミケーリ 作曲 石村 隆行 編曲
Giulio De Micheli (1889.9.26 La Spezia〜1940.9.30 Covo) / Rid. Takayuki Ishimura

I. Alba estiva(夏の夜明け)
II. Il torrente(急流)
III. Sotto i castagni(栗の木の下で)
IV. La Sagra(祭)

 作者はイタリア北部のリグリア州ラ・スペツィア生まれの作曲家でヴァイオリニスト。5歳の頃からヴァイオリンを学び、15歳で学位を取得した後、パルマのボイト音学院に移りロメオ・フランツォーニ氏に師事した。5年後には最高の成績で教授の資格をとったが、そのまま音学院に残り、イターロ・アッツォーニ氏(第二小組曲献呈)に師事して対位法を学んだ。26歳の時にブリュッセルのトムソ音楽学校に入学し、ヴァイオリンのヴィルトゥオーソとして大賞を得たのに続き、チューリヒ音学院校長のアンドレア・フォルクマー氏(第三小組曲献呈)に師事し作曲を学び、同地の管弦楽団の指揮者となった。しかし1927年には彼の宿病となった狭心症を発症。友人の出版社社長カルロ・ベルトラモの勧めでイタリアに帰国し、演奏活動をやめ、生地に定住して作曲活動に後半生を捧げた。晩年はベルガモ近郊のコヴォに移り住み、持病の発作で没した。コヴォの街では彼を追悼して、街の通りに彼の名を冠して偲び、彼の墓地には『いつも枯れる事のない美しい調べの創造者、マエストロ・ジュリオ・デ=ミケーリ、この家に眠る。生誕地ラ・スペツィアの誇り、彼が眠るコヴォの誇り。』と碑文が刻まれている。
 作品の数は約160曲を数え、その多くが管弦楽の為の作品で、当時彼の作品をレパートリに入れないオーケストラは無い程だったといわれている。その作品の全貌は作者の遺族から石村氏に送られた資料で明らかになりつつあるが、代表作には「舞踏組曲」、「アルカディア組曲」、「エジプトの幻影」等、15の小組曲や、2つの交響的前奏曲、8曲のオペレッタ等がある。
 彼の音楽の根幹をなす特徴は『詩的な音楽』であり、夢幻的な和声や半音階的な手法と叙情性の絶妙のバランスは特筆に値するものである。景色、詩、太陽の光、鐘の音、絵画など全てが彼の着想の為に存在し、彼は常に思いついた楽句を身近な(紙巻き煙草の包みにまで)紙に書き付け、インスピレーションを膨らませたという。また後年にはその音楽芸術は教会音楽の方面でも発揮され、4曲のミサ、宗教的詩曲、レクイエム、などが発表されている。
 本曲は1928年にイタリアはサン・レモの出版社ベルトラモより出版された作品で、彼のイタリア帰国後間もない頃のもの。一連の小組曲の直後の作品番号でもあり、彼の前半期の作品の総決算とも言える大作である。4つの楽章はそれぞれソナタ形式、展開部のないソナタ形式、三部形式、ソナタ形式であって全体としてソナタ構造(管弦楽によるソナタ)をなしており、この作者の作品としては形式美を重視した構成であると言える。
 第1楽章は3/4、変ト長調である。第1の主題はハ長調をベースにしたややあいまいな調性で提示され、第2の主題は嬰へ短調で提示される。主に第1の主題からなる展開部を挟んで、再現部では第2の主題が変ト長調で再現された後、第1の主題が変ト長調で再現される。主調で提示されて主調で再現されるという意味では第2の主題が形式上の主要主題であるが、同主調(しかも異名同音)への移調によって微妙なニュアンスが生まれている。第2楽章は6/8(一部9/8)ホ短調で、快速なスケルツォ風の楽章。細かい動きの第1主題は主調のホ長調で、のびやかな第2主題は属調のロ長調で提示され、再現はどちらも主調で行われる古典的な形式である。第3楽章は4/4変イ長調の主題と3/4ホ長調の中間部からなる穏やかな緩徐楽章である。第4楽章は4/4の第1主題と6/8(2/4)の第2主題からなる自由なソナタ形式ととらえることができる。冒頭の第1主題はハ長調で提示され、その一部は拍子を変えてからヘ長調の副主題となる。その後嬰ヘ長調-ニ長調の第2主題提示、ヘ長調の副主題再現、主調のハ長調における第2主題の再現および第1主題の再現が行われる。
 田園地帯の夜明けから、木々のざわめき、小鳥のさえずりが聞こえはじめ、小川のせせらぎは軽妙に笑い声をたてる。居眠りをしている栗の木の下ではときおり、その実が落ちて転がる。そして収穫の時期を迎えた村には賑やかな祭りの鐘が鳴り響く。曲の冒頭から眼前に広がる田園地帯の風景はそこが演奏会の場で或ることさえ忘れさせてくれるものであろう。

参考文献:
 アルバムフィロドリーノ3 (石村隆行)

第43回記念定期演奏会より/解説:Yon & Kiyota