マンドリンオーケストラの為のシンフォニエッタ第5番
Sinfonietta No5. for Mandolin Orchestra (1977)
大栗 裕
(1918.7.9 Osaka〜1982.4.18 Osaka)

 作者は生涯を関西を中心とした日本音楽界の為に捧げた日本のクラシック音楽史上の大功労者。朝比奈隆に師事し、41年旧東京交響楽団にホルン奏者として入団したのを皮切りに、多くの楽団に在籍、大阪音大講師に就任した。作品には関西歌劇団により初演された『赤い陣羽織』、朝比奈・ベルリンフィルにより初演された『大阪俗謡による幻想曲』等の管弦楽曲を始めとして、吹奏楽、邦楽、プレクトラム音楽等多方面に作品を残した。「浪速のバルトーク」の異名を誇り、舞曲調の作品や、日本人の土俗的かつ原始的な感情に根ざした作品は独自の世界を築き上げ、日本の近代音楽史上でも特筆すべき存在である。57年には『大阪府音楽賞』も受賞、94年には大阪市音楽団により作品集のCDがリリースされている。
 斯界には『シンフォニエッタ・1〜7』をはじめとして、音楽物語、ミュージカルファンタジー等を多数残しており、その数は約40曲にも及ぶ。その多くは関西学院大、京都女子大、名城大で初演され、関西以北ではごく限られた作品しか紹介されていないのが実情である。本曲は一連のシンフォニエッタの作風を踏襲しながらも、特異な面が際立った作品である。まず標題を有しない事。これは第1番もそうであるが、その後シンフォニエッタが言わば『標題音楽』として「叙事的」あるいは「叙景的」なものを描いてきた事を考えると、何らかの意図があったものと思われる。(尤も本曲も標題はないが多分に「叙景的」であるが)
 第1楽章は不安げなアレグロが始まるが、曲は常に不定型なモチーフを奏でつづける。変拍子であるがなにか機械の歯車がギシギシと鳴っているようでもある。第2楽章は本曲の中心を成す楽章で、古代文化への回帰にも似た、土俗的な世界を繰り広げる。静かに祈りに似た言葉が繰り返されるなか、低音群は不協和音を打ち鳴らしつづける。こうした緊迫感のある『間』は正に作者の本領を発揮したものであろう。曲は祈祷の声が高まった後、再び静けさを取り戻す。その静寂を突き破るように第3楽章が激しく開始される。まるで古代の幻影から覚めて現代社会の喧騒に引き戻されたかのようである。
 曲はいびつな転がり方で走りつづけるが、どこかその姿は『日本的』である。中間部では再び古代的なモチーフも現れるが強引に現代に引き戻され。がむしゃらに突き進んで曲はあっけなく終結する。伝統的な手法を踏襲しながら、そこに含まれたメッセージは現代のやり場のない不安や、似非欧米文化への痛烈な嘲笑にも聞こえてくる。演奏も非常に難しいが、聴く者になにか重いものを残す曲と言えよう。

第26回定期演奏会より/解説:Yon


>>Home >>Prev >>Return >>Next