第三小組曲 op.39
Terza Oiccola Suite,op.39 (Troisieme petite suite) (1927ころ)
ジュリオ・デ=ミケーリ  作曲 /中野 二郎 編曲
Giulio De=Micheli(1889.9.26 la Spezia 1940.9.30 Como〜)

1.Tramont (黄昏)
2.Serenata alla Luna(月光セレナータ)
3.Voci del Mattino(夜明けのさえずり)
4.Festa di Sole(太陽讃歌)

 作者はイタリア北部のリグリア州ラ・スペツィア生まれの作曲家でヴァイオリニスト。5歳の頃からヴァイオリンを学び、15歳で学位を取得し後、パルマのボイト音学院に移りロメオ・フランツォーニ氏に師事した。五年後には最高の成績で教授の資格をとったが、そのまま音学院に残り、イターロ・アッツォーニ氏に師事して対位法を学んだ。26歳の時にブリュッセルのトムソ音楽学校に入学し、ヴァイオリンのヴィルトゥオーソとして大賞を得たのに続き、チューリヒ音学院校長のアンドレア・フォルクマー氏に師事し作曲を学んだ後、1927年には病の為、イタリアに帰国し、生地に定住して作曲、音楽評論などにも活躍した。またヴァイオリニストとしてもヨーロッパの多くの都市や果てはエジプトにまで演奏旅行を行い、各地で成功を収めた。晩年はベルガモ近郊のコヴォに移り住み、没したが、コヴォの街では彼を追悼して、街の通りに彼の名を冠して偲んだ。彼の墓地には『いつも枯れる事のない美しい調べの創造者、マエストロ・ジュリオ・デ=ミケーリ、この家に眠る。生誕地ラ・スペツィアの誇り、彼が眠るコヴォの誇り。』と碑文が刻まれている。彼は芸術的価値だけでなく、その人間性をも讃えられた結果、『真実の詩人』となりえたのだろう。
 作品の数は約160曲を数えるが、その多くが管弦楽の為の作品であった。当時彼の作品をレパートリに入れないオーケストラは無い程だったといわれ、オペレッタ『葡萄畑の恋』等は何度もラジオで放送されたらしい。その作品の全貌は作者の遺族から石村氏に送られた資料で明らかになりつつあるが、代表作には小組曲のシリーズを始め、本曲、『舞踏組曲』、『アルカディア組曲』、『エジプトの幻影』等、15の組曲や、2つの交響的前奏曲、8曲のオペレッタ等がある。彼の音楽の根幹をなす特徴は『詩的な音楽』であり、半音階的な手法と叙情性の絶妙のパランスは特筆に値するものである。景色、詩、太陽の光、鐘の音、絵画など全てが彼の着想の為に存在し、彼は常に思いついた楽句を身近な(紙巻き煙草の包みにまで)紙に書き付け、インスピレーションを膨らませたという。また後年にはその音楽芸術は教会音楽の方面でも発揮され、4曲のミサ、宗教的詩曲、レクイエム、などが発表されている。
 本曲は1931年にサンレモの出版社C.ベルトラモ社から出版された管弦楽のための組曲で、作品番号としては直前の38番であるオペレッタ「ぶどう畑の恋」が1927年の作品であることから、同時期に作曲されたものと思われる。となるとその時期は、作者が命を落とすことになる病気が発病したため、C.ベルトラモの勧めで管弦楽団の指揮者を辞してラ・スペツィアに戻り、作曲活動に専念し始めた時期と重なっており、こうした内面に深遠なものを抱えた作品となったのかもしれない。
 素材的には叙景的なもので、組曲「田園にて」などに見られるような鳥の声や木々のざわめきなどを模したフレーズも散見されるが「田園にて」などよりもずっと抑えの効いた燻銀のような表現となっている。黄昏から始まり、夜を経て、再び朝を迎えて太陽が輝くまでを叙景的に描いており、一般的に田園組曲的な構成の作品は、朝の歌から始まって、夕べの晩鐘や夜の宴を描いて終結するものが多いが、まず、夜から始まり、昼で終わるという構成が特異であろう。第二楽章での穏やかなホ長調と第三楽章での変ト長調というくすんだトーンの調性の対比など、調性による色合いやニュアンスの違いも聴き所で、作者ならではの、情景を微妙な陰影で描き出す『詩的な音楽』をお楽しみいただきたい。

第31回定期演奏会より/解説:Yon


>>Home >>Prev >>Return >>Next